魅力をアピールできる志望動機の書き方とは

いざ仕事探し!介護職向けエージェント3選

介護職の転職サイトをご紹介します。様々な特徴がある転職サイトが充実していて、多くの魅力がある『きらケア』、細やかなサポートがある『アクセライズキャリア介護』、希望の条件を叶えることが出来る『ケアキャリ』の転職サイトをおすすめします!

自身の魅力を確実に伝える方法

自身の魅力を確実に伝える方法

採用されるかされないかは志望動機が大切

中途採用で採用担当者が必ずチェックをする、介護事業者にとっての今後の価値があなたにどれほどあるか見極めるポイントになるのが、職務経歴と志望動機でしょう。履歴書に記載する職務経歴と志望動機の内容が採用担当者にとってはとても重要で、中途採用の第一関門となると言えます。この職務経歴と志望動機が採用担当者の目に留まれば採用される確率も上がるでしょう。

どのような志望動機を書くべきか

採用担当者は志望動機を確認して、なぜこの業界で働きたいのか?なぜこの事業所を希望しているのか?などを採用ニーズと照らし合わせながら自社とのマッチングは良いかを考えます。今後の活躍、将来性への期待値も合わせて考えて行きます。ですから志望動機を採用担当者が読んだ時に是非、当社で働いて欲しい!当社で活躍して欲しい!と思わせるような内容を記載することが大切です。志望動機の具体的な書き方について考えてみましょう。

曖昧な表現は避ける

基本的には募集内容をふまえて介護の仕事で自分に何が出来るかの強みの部分、応募先の介護事業者の魅力に感じている場所、興味を持ったことを記載して行きましょう。しかし、ここで気を付けなければ行けないことがあります。私は優しい性格です、温厚な性格です、忍耐力には自信があります、やる気があります、などは非常に曖昧でなおかつ抽象的です。この文章だけでは読む人に自分がどのような人間なのかを伝える意味では難しく、なかなか伝わらないので、より具体的に記載しましょう。利用者に気持ちよく生活を送ってもらうためにも優しく接することを心掛け、利用者1人1人に合った、寄り添った介護を行って来ました。忍耐力は人よりも強く、人員不足で業務が増えた際も周囲へのフォローを忘れずに、支える気持ちで仕事に取り組むことが出来ます。このような書き方であれば読み手に伝わりやすく、何を伝えたいのかがわかり易いため採用担当者に好印象を残せるかも知れません。具体的なエピソードを記載して自分が持つ強みの部分や仕事においてどのように役に立つことが出来るのかをアピールすることが重要でしょう。

キャリアビジョンは明確に

これまでの経験を経てどのようにキャリアアップして行きたいかを明確に記載しましょう。介護職員の経験者であれば以前取り組んで来たこと、今後活かして行きたいスキルや将来のビジョンを伝えましょう。地に足の着いた具体的な内容を記載するように心掛けて下さい。

2017/12/05

転職を成功させよう!

転職サイトを利用して転職を成功させましょう。成功させるには、志望動機の書き方にコツがあります。企業はなぜ応募したのか、その理由をとても気にします。成功させるために、企業に気になってもらえる志望動機の書き方を学びましょう。お問い合わせはこちらまで、お願いいたします。